まず、自動契約機を用いて申し込む際に必要なものは本人確認のための身分証明書と融資額を決定するのに必要な年収がわかる源泉徴収票が必要となります。
自動契約機を用いた契約の流れとしましては、最初に基本的な氏名、住所、電話番号、勤め先などの情報を記入してコピー機で読み取ります。この時に書かれている融資額での融資が可能かの審査と会社に本当に在籍しているのかを消費者金融からとわからないように確認されます。
こうして、在籍確認が取れて融資が可能かどうかの審査が終われば金融会社の方から融資限度額を提示されて、その限度額でよければ契約の流れとなります。この契約をする時に身分証明書のコピーを取る必要があります。
一連の流れで契約完了となりますが、だいたい申し込みを始めてから契約が完了するまでは1時間ほどで全ての工程が終わります。この工程が終われば、自動契約機の方から契約書と金融会社のカードが発行されます。このカードを用いることで、その場でキャッシングを利用することができますし、金融会社のサービスによって銀行振込による融資を受けることも可能となっております。銀行振込による即日キャッシングを利用される際には、銀行の営業時間内に申し込みをしなければならないので当日の15時までには申し込みをしなければ翌日以降の振込となってしまうのでその点は注意しなければなりません。